キャッシュレス決済でポイント還元最大5%?本当のところは

2019年10月に実施される消費増税ですが増税により消費が停滞することを緩和するため政府はキャッシュレス決済に最大5%のポイントを還元する政策を打ち出しています。なんとなくお得感はありますが実際どうなんでしょう?

キャッシュレス決済ってなに?

まずキャッシュレス決済がなんのことかわからないと始まりませんね。キャッシュレス決済とは言葉どおり「現金を使わないでする支払い」のことです。主なキャッシュレス決済は「クレジットカード」「デビットカード」「プリペイドカード」「バーコード(QRコード)」です。最近はスマホのアプリのバーコード決済が話題ですね。

キャッシュレス決済の違いは実際の支払いのタイミングです。クレジットカードなら後で支払います(指定の銀行口座から引き落とされます)デビットカードならすぐ口座から引き落とされます。プリペイドカードはチャージして使います。バーコード決済はサービスごとに変わります。

バーコード決済てなに?

クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードはだいぶ前からありますがバーコード決済は最近でてきたものです。要はスマホアプリでできる決済です。いままでスマホで決済というと「お財布ケータイ」で、電話のある部分をかざすことで支払いができる機能でした。

お財布携帯はアプリを使用する以前にお財布携帯対応の電話でないと使えませんでしたがバーコード決済はアプリが入っていれば大丈夫なのでどの機械でも使用できるのがメリットです。

バーコード決済はまだ新しくサービス会社がたくさんあるいわば戦国時代となっています。これから淘汰され携帯電話会社のように数社だけになっていくのでしょう。

主なバーコード決済はスマホアプリ「Line」のLinePay、ソフトバンクのPayPay、楽天の楽天Payあたりでしょうか。どこも超メジャーどころですね。

LinePayはチャージして使用します。PayPayは指定の口座からチャージもしくはソフトバンクのクレジットカードからのチャージで使用します。楽天Payは楽天カードからの即チャージ即決済ですが、楽天キャッシュという名前でチャージもできます。

で、どのバーコード決済がよいか

ソフトバンクのクレジットカードを持っているならPayPay。楽天カードをもってるなら楽天Pay。2つとももってないならLinePayかなと思います。

実はまだ決まってない?

19年10月からのポイント還元ですが、まだ全てが決まったわけではありません。税込みの金額の5%なのか税抜きの金額の5%なのかも発表されていません。これから十分注視していざとなって損をしないようにしたいですね。