恐怖のぼぎわん来る。

怖いのになぜ人はホラー小説を読むのでしょう。滅多に読まない小説ではまってしまったので紹介。

「ぼぎわんが、来る」

2015年10月にKADOKAWAから発行されたホラー小説。著者澤村伊智の小説家デビュー作品で第22回日本ホラー小説大賞を受賞している。

内容はオカルトライター野崎と女性霊媒師姉妹比嘉姉妹がぼぎわんという存在からある家族を守ろうと奮闘するヒーローものといえばヒーローもの。

前半正体不明の「ぼぎわん」が家族に迫って来る様子はとても怖い。リング以来の恐ろしさだった。しばらく夜は怖かったほどだ。でも不思議なことに次の展開が気になって手を止めれなかった。ミステリー要素も強かったせいかもしれない。

すばらしいエンターテイメント作品だったので一気に読んでしまったそのあともこの作者のことが気に入ってしまい2作目、3作目も購入した。

2作目「ずうのめ人形」これも怖い!

こちらも読み終わったあと夜の寝室のすみが恐ろしかった。

3作目「などらきの首」は短編集だが1、2作目の登場人物が何人もでてくるので順番に読んでいたらかなり楽しめるだろう。

自分でもびっくりするぐらい一人の作家さんにはまってしまったのでホラーとは知らせずこっそり姉に貸しておいた。

知らずに読んだら夜眠れなくなるだろう。
そして怒られるかも。