そうめんと冷麦 違いは太さ

暑い日にたべたい冷たい麺といえば素麺(そうめん)ですね。子供の頃は暑くなくてもイベントごとには必ず食卓に出てきました。そんな身近なそうめんですが冷麦(ひやむぎ)との違いについてよく知らなかったので調べました。

◼︎太さが違う

JAS(日本農林規格)によると乾麺の分類分けは太さが基準となっていて直径1.3mm未満であれば「そうめん」1.3mm以上1.7mm未満が「ひやむぎ」となるそうです。

ただし、これは機械製法でつくられたものが対象で、手延べ製法で作られたものに関しては1.7mm未満であればどちらでもよいそうです。

◼︎歴史が違う

そうめんは元々中国からやってきた料理で小麦粉を植物油を使って手で長く細く延ばしたものでした。対して冷麦は小麦粉を麺棒で延ばして細く切ったものでした。冷麦は細い「うどん」と言えるでしょうか。

◼︎色が違う

麺の中に色付き麺が混ざっていることがあります。それはもともと冷麦だけのものでした。機械製法が進んだなかで職人がわかりやすいように冷麦だけに色をつけたのです。ただし、現在ではそうめんにも色つきのものが登場しています。

◼︎味が違う

違いは太さだけなので味は違わない気がしますが、太い方がでんぷんの量が多いということで少し甘みが強いらしいです。製法の違いによっても違います。食べる時はめんつゆの味が9割以上影響すると思いますが・・・。

◼︎外で食べたいんですが

そうめんと冷麦はファミリーレストランのメニューにありません。なぜでしょう?小さい子供でも食べやすいのでそうめんも出してくれるとありがたいです。